令和元年度 中国・四国ブロック商工会青年部交流会 島根大会

島根県青連ブログ

島根県青連会長 尾添でございます。
すごく久しぶりになってしまったブログ投稿。ダメですね。
後ろ向いてても仕方ないので、前向いてやっていきます(^^A

 

島根県青連のWebサイトですが、この度リニューアルいたしました。
何かと苦手意識の強いWeb関係ですが、情報発信ツールとしては大変重宝できるものかと思います。

会社としても活用していかなければならない分野でもあります。
習うより慣れろという言葉もあります通り、自社で活用する為にも、慣れる為にも、練習台として県内皆さんにもご利用いただければと思っております。

まずは、私が活用していかないけんとは思っておりますが。。。

 

さて、今一番の問題はやはりコロナウイルス。
まずは、新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方のご冥福と、現在懸命にウイルスと戦っておられる方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、ウイルスの脅威に最前線で戦っておられる病院関係者の皆さまには、敬意を表し、心より御礼申し上げます。

 

今年に入ってからでしょうか。
新型コロナウイルスが国内に入ってしまい、ものすごい勢いで蔓延していきました。
中国武漢で流行した当初はまだ他人事だった記憶がございます。

県内企業でも3月までは順調だったが、4月に入ってガラッと変わり、一気に影響が出てきたという会社の話をよく聞きます。

外出自粛に伴い、飲食業ではモロに影響が出てしまい連日報道されておりました。

ですが、目に見えない部分で多くの会社にも影響が出ております。

・流通が止まれば部材が入ってこず仕事が出来ない。
・国内外に問わず卸先の休業に伴い仕入れストップ。
・卒入学式が中止になり、出していたお茶菓子がなくなる事や、親御さんが着られるであろう衣類のクリーニング。
・イベント自体が中止になればイベント会社はキャンセル相次ぐ。
・式典がなくなれば記念品などもなくなる。

上記ほんの一部ですが、業種問わず、言いだしたらきりがないほど影響が出ております。
何でもそうですが、そのもの自体がなくなれば付随する会社というのはたくさんあります。

飲食店を助ける取り組みが相次ぎ、みんなで助け合っていこうという方向性が生まれた事に対して、日本の素晴らしさも痛感しております。

これぞ正に日本の”絆”というものではないでしょうか。

だけど忘れないでいただきたいのは、外からは見えない、影で支える会社があるから全ての物事は動いております。そのような会社にも多大な影響が出ております。

また、これから先、まだ影響が出ていない業種にも多大な影響が出てくると予想されます。

そう考えると、国・県・地方自治体からの支援は、先を見据えて継続的な支援をしていただきたいと強く望みます。

 

現在、緊急事態宣言も解除され、今までとは全く違う生活様式になってしまいました。

他県への往来も自粛解除されましたが、以前のように多くの方が来県されるようになるのは、まだまだ先の話かと思います。

 

しんどい状況が続きますが、こんな時だからこそ商工会という組織をどんどん使ってください。

人・団体などに対して「使う」という表現は嫌いなのであまり言いたくないのですが。。。

商工会には優秀な指導員さんがたくさんおられます。
たとえ懸命に動いてくれる指導員さんがおられたからといって、マンパワーには限りがあり、ハッキリ言って全ての会社に声掛けできるかというと難しいと思います。

だからこそ、自ら動いて、自ら「こんな事で困ってるから助けて!知恵を貸して!」と伝えれば、きっと力になってくれます。

 

また、指導員さんのみならず、その他困った時に相談出来るのが青年部の良い所。
異業種だから言える悩み、異業種だから自分とは全く違った発想をしてきます。困惑するくらいの。

待っていても始まりませんし、一人で考えこんでも限界があります。
是非困った事があれば皆を頼ってください!

 

現在、様々な施策が出ておりますが、たくさんありますし、日に日に情報も変わって、正直もう何が何だか分からなくなっているのも事実かと思います。

一つ一つ確実にとらえ、使える施策は使う。
何とかこの状況を、言葉は悪いかもしれませんが、使えるものは使ってでも乗り越えていきましょう。

 

最後に、先日県青連として今後の研修やイベントなどを開催される事をふまえ、ガイドラインを作成いたしました。

ここ2か程度、島根では感染者は出ておりませんが、ウイルスがいないとは言い切れない状況でもあります。

イベントなどやりにくい状況下ではありますが、経済団体の青年部としては経済活動も行っていかなければなりません。

近所のお店でご飯食べるのもそうですが、ソーシャルディスタンスを順守しつつ経済活動に取り組んでいただけると幸いです。

 

何とか皆でこの難局を乗り切っていきましょう。
また皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております!

島根県青連の尾添でございます。 10月だというのに蒸し暑い日が続いております。     さて、いよいよ10月4日(金)、5日(土)の二日間、中国・四国ブロック商工会青年部交流会がここ島根県で開催されます。     テーマは     800人の目標動員数をかかげておりましたが、なんとその800人を超える出席申し込みをいただく事が出来ました。 各県よりお越しいただく方々に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。     昨年4月頃から中四国大会に向けた会議が始まりました。 この間、大変な面も多々ありましたが、島根他8県よりお越しいただく青年部員の皆さまに有意義な大会になるよう、島根を思うぞんぶん楽しんでいただけるよう、役員・プロジェクトメンバー一丸となって準備をしてまいりました。     先週突如として発生した台風には大変焦りましたが、何とか進路も北の方へ向かい、影響がないとは言えませんが、無事開催できそうな模様となりました。     明日より会場準備を行い、皆さまをお待ちするのみとなっております。 台風の影響で風が強いかもしれませんが、天気も何とかもちそうな予報・・・     台風の影響で強風の恐れもありますので、くれぐれも道中お気をつけてお越しください。     4日会場でお会いできる事を、 また皆さまが、この島根の地で多くの方々とご縁で結ばれる事を祈念しております!!     よろしくお願いいたしますm(_ _)m

島根県青連の尾添でございます。 どうも筆不精なのか、ブログの更新頻度が非常に少ないです(^^A これからはマメに更新するようにしたいと思います。。。     大変遅くなりましたが、今月初めの9月7日、8日の2日間にわたり、島根県の最西端 津和野町で部長会を行いました。     この部長会は、島根県内21単会の部長と県青連役員が一同に会し行います。前期から始まった事業で今年で3回目。 部長といえど、一年の間で会う機会があるとすれば県大会や他県での大会、また総会など数えるほどしかありませんので、情報の共有や交流を目的に行っております。 島根県というところは横に非常に長い県、そして離島の隠岐もありますので、今年の津和野に集まるためには隠岐から・・・ 何時間?すごい時間が掛かります。(間に合わす為に松江市に前のりした方もおられます。)     今年は津和野高校の熊谷校長、また魅力化コーディネーターの牛木先生をお呼びし、津和野高校での取り組みについてお話いただきました。 熊谷校長とは、私が高校時代、大社高校でご一緒していたことがあったようです。 もう20年以上も前の事で、私が直接授業を受けたことがなかったのですが、帰ってすぐに卒業アルバムを見て思い出しました。 20年という月日が経つと、そりゃ分からないのも無理はないなと・・・ 「津和野高校魅力化事業の取り組みについて」という演題でご講演いただきました。 ご講演のあと、そのお話を元に人口減少・少子高齢化についてグループディスカッションを行いました。   研修後は津和野町商工会青年部の部員であり、県青連役員のお店「のれん宿 名月」にて懇親会を行いました。 こちらには先ほどの講師お2人にもご参加いただきました。更に深いお話をお聞かせいただき、ありがとうございました! ■のれん宿 名月 https://www.gambo-ad.com/hotel/index.php?ar=12&id=106     会う事はあっても話をする機会はなかなかありませんので、多くの方と話が出来、大変有意義な時間となりました。(同じ54年式が多いという事も今更知りました。) その後、2次会を津和野町商工会青年部の方々にご用意いただき、部員の皆さんともご一緒させていただきました。 2次会の様子はというと・・・見るも無残(笑)こちらでの紹介は差し控えさせていただきます(^^A     2日目には日本五大稲荷として有名な「太皷谷稲成神社」にて正式参拝させていただきました。 それぞれの事業所の商売繫盛、 そして来月開かれる中国・四国ブロック商工会青年部交流会 島根大会の盛会をお祈りいたしました。     部長会に際し、準備などを行っていただいた地元津和野町の商工会青年部の皆さん、事務局。 そして懇親会会場として場所を提供していただいた名月さんには大変お世話になりました。 今年も大変実りある、大変楽しい会となり、知識・交流も深めれたと思います! 地域は違えど同じ青年部員として協力しあい、問題・課題を解決していければと思います。

早いもので7月も後半戦を迎えております。 何かとバタバタした6月、7月だったように思います。。。   さて、大変遅くなり増したが、 今月初め、7月6日、7日に商工会青年部の島根県大会を開催いたしました。 お忙しい中、島根県内各地より多数お集まりいただきありがとうございました。 また、主幹の石東ブロック、そして邑南町商工会青年部の皆さまには 準備から当日運営まで大変お世話になりました。 ご協力もあって、無事県大会を行う事が出来ました!   式典後、主張発表大会島根県予選を6ブロックからの代表者で 行いましたが、今年は稀にみる接戦だったと思います。 審査員の皆さまも大変悩んでおられました。 見事最優秀賞を勝ち取ったのは、県大会開催地区である地元邑南町商工会青年部の 柿崎さん。本当におめでとうございました。 次は中国四国ブロック大会です。 これまた開催はこちら島根県。 あの勢いをそのまま元気よく頑張っていただきたいと思います(^^)   そして、基調講演には講師に広島市経済観光局局長の日高 洋さまをお迎えし、 「マツダスタジアムの魅力と地域活性化」という演題のもとご講演いただきました。 お話しに倣い、地域活動に活かしていきたいと思います!   今期の県青連としては初めての大舞台で慣れないことが多々あり、 ミスなども多くあった事と思います。 ですが、青年部活動において、失敗は勉強でございますので、 この経験を元に、今後県青連事業に取り組んでいければと思っております。   全て滞りなく終了すれば、青年部恒例の懇親会でございます。 日頃会えない部員さんが多いので、色々な方とお話し出来て 最高の夜となりました! 色んな隠し芸も用意していて、さすが石東ブロック、と思いましたね(笑) ※流行りの〇〇兄弟   その後、夜の邑南町を満喫させていただき、長い1日が終わりました。   翌日2日目にはスポーツ大会として「ゴールボール」なる競技をいたしました。 これはパラリンピックの競技だという事で、3人1チームでみんな目隠しをし、 周りが一切見えない真っ暗な状態で、鈴の入ったボールを音だけを頼りに 相手ゴールめがけて転がす。という感じです。 ※みんなで説明受けるの図。   相手チームから転がされたボールは体を張って守るのですが、腹に入った時は 悶絶しました(^^A   結構重たいボールで痛いし、肘・膝はすりむいたり、アザ出来たりと大変でしたが、 何と言っても何も見えない真っ暗な状態というのが神経使ってしんどかったですね。。。 ※見えないですが、目隠ししてます。そして、ボール目がけて体伸ばしてます。   なってみないと分からない事でしたので、良い経験となりました。   二日間通して非常に疲れましたが、ホント今年も楽しい県大会となりました。

初めましての方も、今までお会いした事のある方も こんにちは!   先日4月の総会で島根県商工会青年部連合会の会長を仰せつかりました 出雲商工会青年部の尾添と申します。   このブログが開設されていた事に、つい先日知りまして、 1回目の投稿が大変遅くなってしまいました。。。     前期、高橋直前会長の元、副会長を務めさせていただきました。 1年目には、県青連50周年記念大会などもございましたが、 県青連の活動を通し、様々な活動をさせていただきました。   その経験を元に2年間頑張ってまいりたいと思います!       さて、今年は、中国・四国ブロック大会がここ島根県で開催されます。   テーマは ”縁陣”     中国・四国ブロックの青年部員が集い、縁を結び、更には強い絆で結ばれ 陣となって直面する問題・課題に立ち向かっていけるようにと、 そんな願いが込められたテーマとなっております。   ただ今、県青連役員、また中国四国ブロック大会を企画・運営する為に集まっていただいた プロジェクトメンバーを中心に会議を進めております。   島根県の青年部員が一丸となり、お集まりいただく中四国の仲間たちに有意義で更に縁を深める 大会となるよう努めてまいります!!   どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m